双極性障害にはラミクタールで対策を

双極性の気分障害の再発を防ぐラミクタールと記憶力

ラミクタールは気分障害を改善する効果の高い薬です。
この医薬品はてんかんの治療薬として長年にわたり処方されてきたという経緯があります。
その結果、重篤な副作用等が無いことが確認されている事から安全性に優れた薬です。

精神的な不具合の中でも双極性の気分障害に悩まされている患者は多く、様々な作用機序を持つ医薬品が処方されている状態です。
しかしながら、幾つかの医薬品には優れた効果が見られると同時に副作用も多く報告されています。
よって、双極性の患者には身体への負担が少ない医薬品を用いた治療が必要とされています。

数ある医薬品の中でもラミクタールは身体的な負担が少ないことが特徴とされ、長期にわたる服用が可能になります。
これは双極性の気分障害に見られる再発の頻度が高いという特徴にも適した作用です。
ラミクタールの計画的な服用が気分障害の再発を防ぐ上では理想的な対策となるのです。

双極性の気分障害では感情の起伏をコントロールする事が困難になり、周囲の方にも迷惑を掛けてしまうケースが多々見られます。
その為、人との繋がりが困難になるケースや関係性を良好に保つ事が大変難しくなるのです。
よって、ラミクタールのような副作用の少ない医薬品を利用して再発を抑えることが大切です。

ところが、安全性の高いラミクタールにも幾つかの副作用がある事が知られています。
最も頻繁に見られる副作用としては記憶力に影響を与える類です。
特に、複数の医薬品と併用した場合、記憶力をはじめとした脳の認知機能に何らかの影響を与える可能性が高い事が示唆されています。
また、医薬成分の半減期や血中濃度に変化をもたらすために、効果のあらわれ方が変化してしまうのです。
従って、他の医薬品とラミクタールを併用する際には、段階的に服用量を上げていく方法が採用されます。