双極性障害にはラミクタールで対策を

躁うつの症状にラミクタール、交通事故の後遺症と吐血

2008年から発売されている、比較的新しい抗てんかん薬として、ラミクタールがあります。
発作を抑える効果があり、症状に苦しむてんかん患者の生活の質を高めてくれる、優れた効果を持っています。

抗てんかん薬としての働き以外にも、躁うつ病の治療薬としても活用されています。
躁うつ病にかかると、気分が高ぶったり、落ち込むのを繰り返すようになります。
この気分の波を解消するために、ラミクタールが使われています。

他に、うつ病の治療薬が存在しますが、躁うつ病の場合は、気分が高ぶる躁状態が存在するため、うつ病の治療薬の効果は未知数で、安易に使用できない状態です。
どちらの症状にも効果があるラミクタールは、躁うつ病の患者にとっては、便利な薬になります。

車やバイク、自転車を運転中であったり、歩道を歩いている場合に交通事故にあってしまうと、身体に怪我を負って、後遺症が残ってしまうことがあります。
後遺症とは、これ以上治療を行っても回復が困難である症状のことをいいます。
交通事故でよく発生する後遺症はいくつもあります。
例えば脳にダメージを受けた場合だと、植物状態になったり、記憶障害や注意障害、認知障害といった、生活の質を著しく低下させる状態に陥ってしまいます。

突然、口から血を吐く症状のことを、吐血といいます。
日常生活を送っていて急に大量の吐血をすることがありますが、その場合には至急病院へ向かうようにします。
原因としては、食道静脈瘤や食道がん、急性胃粘膜病変、胃がん、胃粘膜下腫瘍といった病気が疑われます。
胃の部分の不調で起こるときには、上腹部に痛みを伴うことが多くなっています。

ストレスやアルコールで発症するものから、深刻な病を患っている可能性があるものまで幅広いのが、吐血の特徴です。