重い気持ち やる気が出ない 双極性障害にはラミクタールで対策を
脳のイメージ

ラミクタールは脳の機能や精神状態に作用する薬です。
使用する病気としてはてんかんや双極性障害が代表的になります。
てんかんは脳神経が異常に興奮することがもたらす病気で、突然意識を失って身体が痙攣するなどの発作が現れます。
発作が頻繁に起こると日常生活にも多大な影響が起きますので、この病気に関しては発作の予防が重要視されます。
ラミクタールには脳神経の興奮を抑制する作用のある成分が含まれており、抗てんかん薬と併用することで発作の予防に重要な役割を果たしています。

双極性障害の治療に用いる場合は、いわゆる躁うつ状態時の気分の浮き沈みをコントロールするために使用します。
それによって症状の悪化を防ぎ、改善へと向かわせるのです。
症状の具合によっては薬を一定限度まで増量することができるので、その人の病状に応じた治療を行うことができます。

このようにてんかんや双極性障害に効果のあるラミクタールですが、効果が高すぎるゆえに重大な副作用をもたらす可能性もあるので注意が必要です。
高齢者や妊婦、授乳中の人は利用しないほうがいい可能性がありますので、そのような人は必ず医師の指示を仰ぐようにしましょう。
また肝機能にも影響が及ぼされますので、肝臓病などの肝機能障害をすでに患っている人も服用には注意が必要です。

テーブルに置かれているRISKの文字のおもちゃ

さらに特に既往症の無い人でも副作用が起こるリスクは存在します。
ラミクタールの副作用としては吐き気、めまい、頭痛、眠気などです。
皮膚のただれや水ぶくれといった皮膚障害や目の充血、のどの痛みなどの副作用も報告されています。
もし服用によりこのような症状が現れた場合はただちに服用をやめ、医師の診断を仰ぐようにしましょう。

ラミクタールの他にはテグレトール200mgという薬もあります。
テグレトールの主成分はカルバマゼピンで、三環系タイプの抗てんかん・抗うつ薬です。
同じようにてんかんに効く薬ですが成分の違いから副作用の出方も違うため、自分に合った方を選択しましょう。

アーカイブ